カードローンの在籍確認なしで借りられた

ちょっとした出費がかさんでお金が必要になり、カードローンに申し込みました。毎月きちんとした収入があるので審査を通る自信はありました。でも問題は職場への在籍確認の電話です。実は以前同じ職場の人のところに電話がかかってきて、電話を受けた同僚に消費者金融からだと感づかれてしまい、気まずい思いをしていたのを知っているからです。

カードローンの会社は在籍確認でも社名を出しません。しかし用件を告げずに「○○さんはいますか」と尋ねるだけの内容だと、職種にもよりますが不自然です。そのためカンのいい人だと消費者金融や借金関係だな、と気付いてしまうんです。私はオフィスのデスクを離れていることが多いので、自分で在籍確認の電話に出るチャンスが限られています。

なのでなるべく職場への在籍確認は避けたくて、在籍確認の不要な方法を探しました。Web完結の審査なら収入を証明できる書類をアップロードすることで審査が可能なことがわかり、その方法で職場への電話を避けることができました。

ちなみに私が提示したのは源泉徴収票と給与明細数か月分、それと免許証のコピーです。結果、職場への在籍確認なしで審査が通り、無事にキャッシングできほっとしました。

カードローンの在籍確認の流れはこうでした

カードローンの利用を申し込むために店頭に行きました、必要事項を記載した後、審査をするとのことでした。そして、審査の際には在籍確認もするといわれました。私はアルバイトでしたので、アルバイト先に在籍確認をされるとカードローンの利用がばれていやだといいましたが、個人名で確認するので大丈夫だといわれました。それならば良いだろうということで、審査に入ってもらうことにしました。

その後、審査は無事終わったようで、その日のうちに契約が完了して、カードを受け取ることができました。

あとでアルバイト先に行ったときに、電話があったといわれました。こういう人から自分宛てに電話が来たけど知っているか、と聞かれました。私は即座にあれか、と気づきましたが、カードローンの申し込みをしたということを知られたくなかったため、知りませんと答えました。その後、特に追及をされることはありませんでしたが、アルバイト先では電話があったことが少し話題になりました。

おそらく自分以外にはカードローンの利用をしたことがありそうな人はいないため、ばれることはありませんでしたが、あまりいい気分はしませんでした。しかし、結論としては、ばれないように配慮されていてよかったと感じています。

カードローンの在籍確認が嫌な時にとった方法

カードローンを利用する人にとって気になるのが「在籍確認」でしょう。私も例に漏れず、申し込む時には「在籍確認は嫌だな」と思っていました。ただ、それを行わなければ契約が出来ない訳で、お金を借りたいと思っているのに自分勝手すぎる言い分だとも感じていました。

結局、私の場合は在籍確認を普通にこなして借入れをすることができたのですが、後になって色々と調べてみると「もっとストレスを感じずに契約できる方法があった」と言うことを知って少々後悔しました。

私は通常の方法で契約をしましたが、これからカードローンに申込みをしようとしている人でストレスを減らしたいと思っているのであれば、「電話以外の方法で在籍確認を完了できるカードローン」を選ぶ方法がおすすめです。在籍確認自体は避けることは出来ないものの、その方法は必ずしも特定のものだけに限られている訳では無いのでカードローン会社によって色々な方法が選択できる場合があります。

そういった知識を得てからと言うもの、私も電話以外の方法で対応できるカードローンを利用するようになり、契約の際に感じるストレスを減らすことに成功しました。審査基準や申し込み方法が限定されてしまうと言ったリスクもありますが、それ以上にストレスが減るメリットの方が大きいだろうと思います。


カードローン 審査 カードローンを契約するには、まずはじめにカードローン会社の審査を通過しなくてはなりません。カードローンでお金を借りたい!そんな方のためにカードローンの審査対策をお教えします。