お金が無くて困った際に自分が行った方法とは?

数年前、ライブ鑑賞が趣味でハマってしまったレベルでした。

 

毎月遠征をしていた状態なのでライブのチケット代だけでなく、現地での食事代や交通費がかさみ、給料が入ってもその殆どを使っていました。

 

生活費を入れる余裕もなく、とにかくライブを追いかけるのに必死になり、気がついた時にはお金を使いすぎて、
生命保険や携帯代など毎月払っているお金も払えない状況に陥りました。

 

奨学金を返済している最中でしたが、奨学金の返済もできない状態になってしまいました。

 

お金がないという状況に陥ったときに、事の重大さに初めて気が付きました。
では、そんなお金がない状況をどうやって乗り切ったのかと言うと、まず古着や本などいらないものをリサイクルショップに売りました。

 

ブランドものだと少し高く値がつくので、家の中で売れそうなものをリサイクルショップに持っていきました。

 

ノーブランドのものは沢山持っていって、量を増やして少しでもお金になるようにしました。
結果、数千円にはなりましたが生活費を確保できるには程遠かったです。

 

売るものもなくなり、どうしようかと悩んだ際に、クレジットカードのキャッシングをするしかないと考えました。

 

キャッシングは悪いものというイメージがありましたが、生活費が払えない状態で延滞料金を取られるよりは、
一時しのぎで何とかした方が良いと思い、キャッシングをしました。

 

キャッシングを一度も使用していなかったこともあり、満額借りれる状態ではありましたが、
生活費だけを何とかしたかったので全額は借りず、必要な分だけをキャッシングして生活費を補填しました。

 

キャッシングをしても後から返済があるので、後々の返済が大変でしたが、返済のために節約を意識するようになりました。

 

お金がないときの対処方法として、リサイクルショップで本や洋服を売ったり、クレジットカードのキャッシング枠を利用してどうにかお金を工面しました。
他に、自宅にあった古いお金を銀行に行って替えてもらったり、ポイントサイトを利用してアンケートやタイピングをしてポイントを貯めて換金したりもしました。